こんばんは、YAKUDACHITAI 店長 Matsushitaです。

本日 菅義偉官房長官が官邸で、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と発表しましたね。
私は、LIVE配信で見てましたが、菅義偉官房長官が「令和」と書かれた色紙を持ち、周りの記者たちに見えるように
右左と向かれてましたが、不思議と菅義偉官房長官がレースクイーンに見えて少し笑えました(笑)

令和は、万葉集から引用

万葉集の宇梅乃波奈(うめのはな) の詩、32首の余分にある「時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す」

皇位継承前に行われる憲政史上初の新元号公表

雑誌や新聞・TV・ラジオ等で、さまざまな元号予想してましたが
「令和」予想できた方が居たのかいないのか? だが 名前で「令和」さんが居るようです。

今年 本日以降に産まれる子供達に「令和」の関連のお名前が増えるでしょうね

「令和」は、RかL

令和は、RかLかと本日 よく聞く言葉ですが、先ほどNEWSZEROで安倍総理が「R」だと発言してました。

中国の古典が出典元では無く、初めて日本古典

645年の「大化」から現在の「平成」まで、247の元号のうち、確認できるものはすべて中国の古典が出典元だった。

今回政府は、新元号の考案を委託した専門家を、国文学、漢文学、日本史学、東洋史学と明かし、首相の支持基盤でもある保守層からは、初めて日本古典が選ばれることへの期待が出ていたそうです。

さてさて 「令和」良き時代になる期待を持ち 後一ヶ月 新時代を楽しみに迎えたいと思います。

ここまで、読んで下さり ありがとうございました m(_ _)m

さてと 本日はここまで、と言う事で、ではでは…

もし宜しければ押して貰えると幸いです。店長より

にほんブログ村 経営ブログへ  

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事