【古着の仕入れルート5選】種類別の仕入れ手段と特徴を解説します
【古着の仕入れルート5選】種類別の仕入れ手段と特徴を解説します
もし宜しければ、お応援して貰えると幸いです。店長より

Used clothing fashion YUVENIR

デザインやカラー、ランクばかりではなく、古着は店舗・通販サイトによっても、その仕入れのルートが大きく変わってきているんです。

古着の店舗販売・通販サイトの運営を始めようと予定・計画を立てている人にとって、古着はどんな手段で仕入れができるのか、とても気になるポイントですよね。

今回は、古着の主な仕入れルート5選と、Used clothing fashion YUVENIRの仕入れ手段&メリットについて徹底解説してみたいと思います!

【古着の仕入れルート①】海外からの買い付け

古着の海外からの買い付けは、オーナーやスタッフなどが直接海外へ出向き、その地の古着の歴史・デザイン・カラー・トレンドなどに触れたり知識を学びながらの仕入れ手段として知られています。

海外では日本よりも古着がトレンドファッションに活用されることが多いので、日本では手に入らないようなレアで高級、斬新な逸品が見つかりやすいと言われていますよ。

【古着の仕入れルート②】古着を買い取って販売する

実店舗での古着店・通販サイトの古着ショップにかかわらず、多くのショップによって一般的な手段になっている古着の買い取り。

単純にブランドの古着を大量に買い取るのではなく、その時期やトレンド傾向に合わせた商品を厳選して仕入れをするため、個性やセンスを磨いていけるメリットがあります。

【古着の仕入れルート③】コンテナ買い

コンテナにて保管されている古着を、まるごと買い取るのがコンテナ買いという仕入れ方法。

コンテナ買いは、不要な商品・必要な商品を買い取った側が厳選して店頭に出す仕組みが一般的で、衣料品以外の日用品、インテリア雑貨なども盛り込まれていることが良くあるそうですよ。

【古着の仕入れルート④】お客さんから買い取った古着を販売する

リサイクルショップや質屋などの一般的な仕入れルートが、お客さんから買い取った古着を販売する仕入れ方法。

ブランド物からノーブランド、新品から中古品、新品同様など、ありとあらゆるランクの古着を買い取って販売するため、実際の古着店・通販サイトの古着店では、バリエーションに富んだ古着を数多く見つけることができます。

【古着の仕入れルート⑤】その他の仕入れルート

古着の仕入れルートは、これまでにご紹介した方法が一般的になっていますが、実店舗・通販サイトの古着屋にて魅力的なアイテムを購入し、その商品を自身の古着店や通販サイトで販売する販売主もめずらしくはないよう。

この仕入れの方法は、他の古着店にどのような商品が置いてあるのか、トレンドや客層、年代や性別などの細かなデータを見極めることができ、今後もさらにこのような仕入れルートを選ぶ人が増えると予想されています。

Used clothing fashion YUVENIRの仕入れルートは?

Used clothing fashion YUVENIRの気になる仕入れルートは、

・ショップで廃棄された商品

・古着買取問屋

という方法になっています。

Used clothing fashion YUVENIRではそのため、未使用・未試着品の、上質なレディース大き目サイズ古着のみをサイトで販売することができています。

ショップ廃棄の商品は、古着とは思えないような質の良い商品ばかりとなっているので、Used clothing fashion YUVENIRは評価も高く、繰り返しリピートしてくれるお得意様も増え続けていますよ。

~おわりに~

古着の仕入れルートひとつでも、とても細かで奥深い手順があるんですね。

実店舗の古着屋、通販サイトの古着店によって変わる仕入れルートを、今後のショッピングや古着店OPENの参考に役立ててみてくださいませ!

もし宜しければ、お応援して貰えると幸いです。店長より

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事