古着に使われている素材・生地は何?種類別の特性を徹底解説します
古着に使われている素材・生地は何?種類別の特性を徹底解説します
もし宜しければ、お応援して貰えると幸いです。店長より

ブランド古着&新古 レディース古着通販 YUVENIR

古着の着心地や質感、フォルムなどの要となる素材や生地には、さまざまな種類が展開されています。

こちらのコラムでは、着心地がバツグンに感じたり、お手入れがラクだと大満足できる古着を上手に選ぶため、知っておきたい古着の素材や生地それぞれの特性、使われることの多い古着アイテムのお役立ち情報をお伝えしていきます!

古着に使われている素材・生地の特性・具体的なアイテムをチェック!

古着はデザインやサイズ、カラーやシルエットと同じように、ストレスフリーで長く着続けられる素材・生地かどうかも、購入時の重要なチェックポイントになりますよね。

ここではさっそく、古着に使われることの多い素材や生地の種類と、特性について参考にしてみましょう。

コットン

綿素材ともいわれることが多いコットン素材で作られた古着は、肌質がデリケートな人にでも刺激が少なく、お肌にやさしい生地として知られています。

主にコットンは、古着のTシャツやコットン、スエットなどに使われることが多く、シーズンを問わずに愛用できる手軽さも魅力。

またコットン素材の古着は、吸湿性に優れ素材が丈夫で、染色している古着の場合は色落ちが少ないという利点もあるんですよ。

リネン

麻ともよばれているリネンは、春夏専用の古着商品に使われることが多く、前項でご紹介したコットンと似たようなやわらかで上質な見た目が特徴になっています。

高級な古着の素材として、古い時代から親しまれ続けてきたリネンは、紫外線や体温上昇による熱を素材が吸い込まないため、厚さの厳しい季節にでも快適に、涼やかに愛用することができます。

リネンを使った古着は主に、ブラウスやシャツブラウス、薄手素材のワークパンツなどがあり、シワが寄りやすいデメリットもあります。

化学繊維

ナイロンやアクリル、ポリエステルなどの素材となる化学繊維は、主にファストファッションブランド、古着に多く使われている素材です。

化学繊維はコットンやリネンに比べると、大量生産しやすくコストが低いため、よりファッショナブルでリーズナブルな量産型商品、古着に使われることが多く、扱いや保管方法にも特に厳しい注意点がありません。

化学繊維はTシャツからカットソー、アウターやパンツ、スカートなど、ありとあらゆるアパレルアイテム・古着に使われ、扱いがとても手軽。

ただ、デリケートな肌質の人には、ときに刺激や摩擦によって、肌荒れにつながるデメリットもあります。

近年販売されている古着の化学繊維は、人工的な見た目とは違い、コットンやウール、リネンのような上質な見た目が特徴となっているので、これからの時代はさらにニーズを高めていく素材・生地として注目されています。

ウール

ウールが使われている古着は、主にニットやニット素材のスカート、ワンピース、ボトムなどがあります。

ウールは100%のものから、化学繊維のひとつともなるアクリル・ナイロン・ポリエステルなどをミックスした古着も数多くラインナップされています。

ウール100%の古着は、洗濯時や保管にいくつかの注意点があり、お手入れが決して手軽ではないデメリットが。

代わって、化学繊維をミックスして作られた古着の場合は、洗濯機でもお手入れが可能だったり、ウール100%の商品よりもリーズナブルで、さまざまなショップ・通販サイト・オークションサイトで気軽に購入することができます。

~おわりに~

古着にはいろいろな素材が使われていて、特性を押さえておくと、お手入れやショッピングの時間も有意義に感じそうですね。

長く着心地が良い古着を満足して愛用することができるよう、古着の素材・生地の基礎知識をもう一度見直してみてくださいませ!

もし宜しければ、お応援して貰えると幸いです。店長より

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事